社会人から舞台女優になるには?なり方まとめ

  • URLをコピーしました!

あなたは、舞台・ミュージカル俳優/女優になりたいですか?

努力と献身が必要ですが、情熱と才能があれば、それは可能です。

この記事では、ミュージカル俳優になるために必要なステップを説明します。もし、あなたがこの業界で成功したいと真剣に考えているなら、ぜひ読み進めてください。

目次

社会人から舞台・ミュージカル俳優/女優になるには?なり方を解説

舞台俳優・女優になるためのトレーニングでスキルを磨こう

ミュージカル俳優・女優になるために最初のステップは、あなたの才能を開発することです。

毎日練習してスキルを磨く必要があります。歌って、踊って、演技ができるようになる必要があります。そして、これらすべてをうまくこなせるようになる必要があります。

同様に偉大な演劇俳優の作品を勉強することも大切です。

偉大な俳優になるための近道はありません。あなたはハードワークと練習を行う必要があります。

第二のステップは、適切な学校を見つけることです。あなたの才能を伸ばすのに役立つ、素晴らしい学校がたくさんあります。しっかり調べて、自分に合った学校を見つけてください。

演技の授業を受けよう

俳優としての天賦の才能があると思う人でも、履歴書に記載し、仕事を得るために、正当なトレーニングが必要です。

自分のスキルを高め、練習するために、地域でクラスを探しましょう。これはまた、他の専門家や意欲的な俳優を満たすための素晴らしい方法です。

ダンスを習おう

有名劇場のショーのほとんどはミュージカルです。つまり、良い俳優であるだけでなく、歌とダンスのスキルも必要です。バレエ、タップ、ジャズなど、ショーで使われるさまざまなスタイルのダンスを学べるダンススクールを探しましょう。

ダンスの能力が高ければ高いほど、どんなショーでもそのスタイルに適応することができます。
ダンスの練習は欠かさないようにしましょう。定期的にダンスやストレッチをしないと、体力や柔軟性が失われる可能性があります。

ボイスコーチを探そう

歌って、踊って、演技ができるようになれば、演劇界はあなたを「三拍子揃った人」と見なすでしょう。ブロードウェイ俳優に求められるすべてを提供できるようになるのです。ボイストレーニングには、あなたの音域を見つけ、技術を微調整してくれるボーカルコーチの個人的な注意が一番です。

できれば、まずは地元の劇場で公演を行いましょう。小さくても構いません。これは、経験を積み、履歴書を作成するのに役立ちます。

舞台で経験を積むことは、演奏家として成長し、自分の名前を確立するために重要です。役があれば、その大きさに関係なく、受けて、自分の能力を最大限に発揮しましょう。

おすすめの舞台俳優・女優養成所

以下の記事では、上記のスキルを全て学べる、ミュージカル俳優・女優を目指す方におすすめの養成所をまとめています。あわせてご覧ください。

おすすめのミュージカル養成所

履歴書を作ろう

基本的なスキルを身につけたら、次は履歴書を作りましょう。そのための最良の方法のひとつが、演劇作品のオーディションを受けることです。小さな作品から始めて、大きな作品へとステップアップしていきましょう。履歴書に書ける内容をどんどん増やしていくのです。

演技の履歴書には、連絡先、体の仕様、経験、トレーニング、特技を記載します。最も新しい役柄を最初にリストアップし、逆算していきます。

名前は履歴書の一番上に、一番大きなフォントで記載します。俳優組合に所属している場合は、名前の後に組合の略称を記載します。エージェントがいる場合は、履歴書に印鑑を押してもらい、個人的な連絡先の代わりにします。

身長、体重、髪の色、目の色は正確に記載しましょう。履歴書には絶対に嘘を書かないようにしましょう。

ウェブサイトやLinkedInのプロフィールがある場合は、それが最新であることを確認してください。

人脈作りをしよう

他の業界と同様に、人脈作りはミュージカル俳優で成功するための鍵です。業界の人々と出会い、関係を構築することは、将来的にチャンスを見つけるのに役立ちます。

最初の数回のオーディションを受けたら、今度は人脈作りを始めましょう。

キャスティングディレクター、エージェント、その他の業界関係者のメーリングリストに参加しましょう。これは、キャスティングディレクターやエージェントと連絡を取るための素晴らしい方法であり、あなたは彼らからビジネスについて多くを学ぶことができます。

また、劇場のメーリングリストに参加しましょう。劇場のメーリングリストを通じて仕事を探すこともできます。

また、アシスタント、バックステージクルーなどの仕事を始めるのも、人脈を作るのに良い方法です。

プロフィール写真(ヘッドショット)を撮影してもらおう

プロフェッショナルなヘッドショットを購入しましょう。ヘッドショットとは、頭や肩が写った写真のことです。プロのカメラマンに依頼して撮影してもらう必要があります。

役者として応募する際には、ヘッドショットと履歴書の両方が必要です。以前はヘッドショットは白黒でしたが、現在ではフルカラーが期待されています。

写真は現在のもので、あなたに似ていることを確認してください。年齢を重ねたり、ヘアスタイルを変えたりした場合は、新しいヘッドショットを入手する必要があります。

写真撮影には、いくつかの異なる服装を持参し、異なるシャツを着て写真を撮ってもらいましょう。気が散るような柄や色の服は着ないようにしましょう。あなたの顔に焦点が合うように、服装はシンプルにしましょう。

小さなオーディションから始めよう

自分の住んでいる地域のオーディションを探し、自分に合いそうな役が募集されているところに行く。オーディションに参加すること自体、自分のスキルを磨くのに良い方法です。

有力なキャスティング・ディレクターやアーティスティック・ディレクターの前で演技をする機会にもなります。

多くの拒絶に対処する準備をしてください。特定の役に最適でない理由はいくつもありますし、成功したい俳優は他にも大勢います。競争相手が多いので、役をもらわずに何度もオーディションを受けることになります。

すべてのオーディションを真剣に受けましょう。オーディションを受けている役が完璧にマッチしなくても、キャスティングエージェントや芸術監督に印象を与えれば、将来別の役で呼ばれるかもしれません。

プロデューサーがあなたの実力を知る最良の方法は、あなたの活躍を見ることです。舞台俳優としての成功を目指すなら、小さい舞台からでいいのでまずは演じること。大舞台に近づくために、パフォーマーとして名を成すことを始めましょう。

バイオグラフィー(経歴)を書く

バイオグラフィー(経歴)は、俳優としての過去の仕事を強調するものです。

観客があなたやあなたのキャリアについてもっと知ることができる、ちょっとした紹介文なのです。演技の実績がたくさんある場合は、その中から4、5個の演技や役を選び、その中で最も好きな役を挙げてください。

自分の業績、クレジット、出演歴を、文字通りのリストアップするだけではなく、より細かく詳細に記載します。

読者に親しみをもってもらうために、トレーニングや個人的な情報を含めることもできます。また、映画やテレビのクレジットを記載することもできます。

東京へ移住しよう

本気で活躍したいのであれば、東京都内に住んだ方がいいでしょう。エージェントに相談しやすくなり、より多くのオーディションを受けられるようになります。

東京はとても物価が高いです。数カ月分の貯蓄があることを確認してください。1ヶ月あたり最低でも15万円ほどは生活費が必要になることが予想されます。

多くの舞台俳優は、東京の中心部、山手線内ではなく、吉祥寺などの中央線沿線エリアに住んでいることが多いです。そうすることによって、より安く生活費で、公共交通機関を使えば早く、楽に通勤することができます。

タレントエージェントに所属しよう

タレントエージェントを利用することで、エージェントは俳優を熟知しており、その役にふさわしいと思われる人だけを応募させることができるので、プロセスを合理化することができます。

大きな舞台での主役を狙うなら、タレントエージェントに所属することは必須でしょう。

エージェントに、プロフィール写真(ヘッドショット)と履歴書を提出します。

他の俳優がどのエージェントを利用しているか、またカバーレターの中でそのエージェントを参考として使うことができるかどうか聞いてみましょう。ショーに出演する際には、エージェントを招待して、あなたの演技を見てもらいましょう。

一生懸命働き、ディレクターや他の俳優と仲良くしましょう。舞台での演技はとても重要ですが、舞台袖での振る舞いも同じように、それ以上に重要です。

他のプロやキャスティング・エージェントは皆、同じサークルで仕事をしています。あなたと一緒に仕事をしたことがない人は、あなたに役を提供する前に、あなたと仕事をした経験について他の人に相談する可能性が高いです。

時間を守り、指示に従い、キャストやクルーの全員に敬意を払うことで、自分の評判を守りましょう。
演劇の仕事には、感情が大きく関わってきます。感情を演技の中にとどめ、舞台袖で他人と接するときは、論理的で冷静でいるよう最善を尽くしましょう。

指示をよく受けること

監督は、あなたと他の俳優が一緒になって物語を語るのを助けるために存在します。演出家の言うことをよく聞いて、自分の役を演じましょう。どんなに小さな役でも、すべての経験から学びましょう。

もし、演出家があなたの演技にあまり意見を言ってくれない場合は、具体的に意見を聞いてみましょう。具体的に意見を求めましょう。自分の役について調べ、キャラクターや演技について質問してみましょう。

オーディションの計画を立てよう

次に、オーディションの計画の立て方について見ていきましょう。

ミュージカル俳優志望者が犯す最大の間違いは、すぐにオーディションを受けようとすることです。経験がない場合、おそらくこれらの最初のいくつかのオーディションに失敗します。

まずは、以下の準備をしてみてください。

  • 2~3分以上のしっかりしたデモを用意すること。
  • デモは、HDビデオやMP3など、さまざまなフォーマットで用意すること。
  • 大きなステージのある劇場でデモを行うようにする。そうすれば、作品に出演できる可能性が高くなり、また、ビジネスについてより多くを学ぶことができます。
  • オーディションを受ける演目の脚本に目を通す。
  • オーディションを受ける前に、その劇についてよく理解しておくこと。

いきなりスターになろうとしないでください

誰もがどこかで開始されます。あなたがちょうど始めている場合は、すぐに大きなミュージカルや演劇のオーディションを受けることができないでしょう。自分を急がせようとしないでください。

その代わり、小さなことからコツコツと積み上げていきましょう。自分が受けるオーディションと似たような番組のオーディションを受けることで、そのジャンルの経験を積むことができます。ミュージカルを受けるのもいいですが、いろいろなジャンルの経験を積むようにしましょう。

オーディション自体を目的にしない

オーディションは競争であり、あなたは目立つように努力しなければなりません。

オーディションを受ける回数は多ければ多いほどいいです。しかし、それ自体を目標にしてはいけません。

オーディションを受けるプロダクションを探そう

履歴書を作成する最初のステップは、あなたの才能を持つ人を探しているプロダクションを見つけることです。才能のある人を探している劇団はたくさんあります。

インターネットで検索したり、地元の劇団に問い合わせることで見つけることができます。夏の仕事、パートタイムの仕事、フルタイムの仕事など、あなたのニーズに合ったものを見つけることができるはずです。

プロダクションのオーディションを受けるときは、その劇団について調べておくとよいでしょう。その会社がどのような役を提供しているのか、ディレクターは誰なのか、どのような作品を作っているのか、そして一般的なキャスティングのプロセスはどのようなものなのか、などを調べておきましょう。その会社がどのような役を演じるのか、またどのような役を演じないのかを調べましょう。

また、自分がオーディションを受ける舞台について調べておくとよいでしょう。ディレクターが誰であるか、プレイが何であるか、そしてキャラクターが誰であるかを調べます。

これは、自分に合った役を見つけるのに役立つので、重要なことです。もしその劇がミュージカルなら、自分が受けるオーディションがどんなミュージカルなのかを調べます。ミュージカル付きの演劇のオーディションを受ける場合は、その作品がどのようなミュージカルなのかを調べておきましょう。

オーディションに参加しよう

自分に合ったプロダクションが見つかったら、いよいよオーディションを開始します。オーディションを受けたいプロダクションが見つかったら、準備を始めましょう。

例えば、そのプロダクションがオーディションを募集している時に、自分がオーディションを受けられるようにしておくことです。ヘッドショット、履歴書、連絡先を用意しておくとよいでしょう。また、歌の準備も必要です。

オーディションがいつ行われるのか、ディレクターに尋ねてみましょう。

また、オーディションを受ける前に台本を読んでおくとよいでしょう。ストーリーと登場人物を知っておくことが大切です。もし、そのシーンで何が起こっているのかを知らなければ、準備することは非常に困難です。

読み方が下手だと分かることほど辛いことはありません。台本を読むのであれば、必ず暗記しておいてください。速読に頼らず、声に出してゆっくり読みましょう。読むことができれば、暗記することができます。

オーディションでは、キャスティングディレクターのために準備することが重要です。自分の最高の作品を集めたポートフォリオを持っていくこと。自分の作品についての質問に答えられるように準備しておく。キャスティングディレクターから聞かれそうな質問を想定しておくこと。自分自身と自分の作品についての短い経歴を準備しておく。

あとは、自分らしく、自分のやっていることに自信を持つことです。他の俳優が何をしているのか、キャスティングディレクターが何を考えているのか、気にしないことです。

もし、どうやっても厳しいなら諦めることも大切

何度受けても、一向にオーディションに受からないのなら、何か変化を起こすべき時です。演技は誰にでもできるものではありません。もし、演技の仕事があまりにも来ないようなら、残念ながら別のキャリアを考えた方がいいかもしれません。

時間は有限です。諦めるという決断は辛いですが、誰でも前に進む必要があります。

ミュージカル俳優・ミュージカル女優になるために学ぶべきこと

スキルを大量に学ぶ必要がある

ミュージカルで演じるためには、台本、歌、踊り、劇場の動き、振り付け、舞台上の他の俳優との動き方を知る必要があります。

他にも、例えば、声の出し方、目の表情の作り方、状況に対する様々な感情的反応の演じ方、観客が自分の好きなキャラクターに共感する(あるいは思い出す)ようなキャラクターの作り方など、挙げればきりがないほどです。

一生懸命に働くことが必要がある

成功する俳優であるために、一生懸命働くことが重要な側面の1つであることは間違いないでしょう。ライバルよりも努力し、誰よりも多くのことをしなければなりません。また、自分の技術に対して情熱的である必要もあります。

あなたは生計を立てるためにこのゲームに参加していることを忘れないでください。

もちろん、自分のやっていることが好きなのはもちろんですが、生計を立てるためにこのゲームに参加しているということを忘れてはいけません。

あなたは、その技術にコミットし、専念しなければならないのです。

まとめ

ミュージカル俳優への道は長く険しいものです。どんなミュージカルを夢見るのか、どんなミュージカルに出演したいのかによって、ミュージカル俳優になる方法はさまざまです。

あなたが同じのための生得的な才能を持っていない限り、あなたは、あなたの技術を勉強する必要があります。

まずは、すべての芸術(声、ダンス、演技を含む)の訓練を受け、舞台のために訓練するのが重要です。

おすすめの舞台俳優・女優養成所

以下の記事では、上記のスキルを全て学べる、ミュージカル俳優・女優を目指す方におすすめの養成所をまとめています。あわせてご覧ください。

おすすめのミュージカル養成所

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次